HOME 宗家ご挨拶 山野流着装教室とは 着物着付師 花嫁着付師 着物入門 支部紹介 Information リンク 
            
         
 帯結 礼装
ミセスの礼装の帯結びは二重太鼓が基本、やや大きめに格調高く結びます。帯じめ・帯あげは白か、それに金銀が加わったもの。
また、祝儀の席に欠かせないのが末広(扇子)で、黒留袖には黒塗り骨の金銀張りが正式ですが、色留袖には白骨も用います。
変わり結びをする場合は、華やかな中にもその場にふさわしいフォーマル感を出しましょう。
 
 白の小物に末広をさして
1.きものの地色と調和した袋帯、アシメトリーに1枚だけ出した羽がポイント 2.熨斗(のし)を形どってお太鼓山に添えた  祝宴にふさわしい帯型です 。
 帯結び・写真1  帯結び・写真2
3.立体感のあるフラッシュひだを上に乗せた分お太鼓の長さを短くし、全体の調和を 。  4.たれにきちんとしたひだを寄せて量感と変化を持たせた祝い太鼓です
帯結び・写真3   帯結び・写真4
 





 
 
  山野流着装教室は、初代宗家 山野愛子が昭和22年国際美容クラブを起こし、
「美道」の五大原則「顔・髪・装い・精神美・健康美」を提唱致しました。
初心者の方、着付のプロをめざす方の入会を心よりお待ちしております。

 HOME宗家ご挨拶山野流着装教室とは着物着付師花嫁着付師着物入門支部紹介Informationリンクサイトマッププライバシーポリシー
本サイトの画像、文章は山野流着装教室に帰属します。 
Copyright(c) Yamanoryu Kisou 2010 All Rights Reserved.